チェロ講師たちのプロフィール

槙岡絵里香

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学卒業。 これまでに、チェロを田中美光、三木敬之、菊地知也の各氏に、室内楽を岡山潔、‪松原勝也‬、‪野平一郎‬の各氏に師事。
札幌ジュニアチェロコンクールにて奨励賞受賞。芸大定期室内楽に出演。
アルゲリッチ音楽祭に参加。
ベートーヴェンのチェロ作品と弦楽三重奏全曲演奏会シリーズを成功させた。
クラシックのみならず、数々のレコーディングや、ライブサポートメンバーとして出演。
また、ミュージカル「ライオンキング」「ウエストサイド物語」などの作品にオーケストラメンバーとして参加する。
現在はフリーランスのチェロ奏者として、国内のオーケストラの客演を中心に、様々な分野での活動を行っている。

田草川亮太

桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学卒業、同研究科修了。
チェロを井上頼豊、苅田雅治両氏に、室内楽を毛利伯郎、藤井一興両氏に師事。
在学中ミクロシュ・ペレーニ氏のマスタークラスを受講する他、桐朋学園チェロアンサンブルでのアメリカ公演に参加。その後ジャパン・チェンバーオーケストラ等にも参加する。
現在はレコーディングでの演奏を中心に、オーケストラ、室内楽の活動もしている。

田中愛

桐朋学園大学卒業。 同大学研究科、並びに桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程修了。 チェロを倉田澄子氏に師事。室内楽を、岩崎洸、岡田伸夫、藤井一興氏等に師事。
在学中より、国内外の室内楽やオーケストラセミナーに奨学生として参加。
その他、東京春音楽祭-東京のオペラの森、ラフォルジュルネ・オ・ジャポンなどに出演。 (一財)地域創造公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラムでは、沖縄セッション、 京都セッションに弦楽カルテットで参加し、各地でアウトリーチやコンサートを行う。現在、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室、仙川・お茶の水・大宮教室実技講師。

平田幸恵

第9回泉の森ジュニアコンクール中学の部銀賞。第20回日本クラシック音楽コンクール弦楽器中学の部グランプリ。第66回全日本学生音楽コンクールチェロ部門高校の部第2位。

T.ヴァルガ、P.ミュレール、J=G.ケラス、F.ヘルマーソン各氏のマスタークラスを受講。

これまでに、北口大輔、山崎伸子、向山佳絵子、河野文昭の各氏に師事。

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学を経て、同大学大学院修士課程を修了。

日下部杏奈

桐朋女子高等学校音楽科卒業、桐朋学園大学音楽学部をチェロ科首席で卒業。
桐朋オーケストラ・アカデミー、桐朋学園大学研究科修了。チェロを毛利伯郎氏に師事。
これまでに桐朋学園室内楽演奏会、桐朋学園大学卒業演奏会、プロジェクトQ第13,16章等多数の演奏会に出演。
NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京シティ・フィルハーモック管弦楽団、千葉交響楽団等プロオーケストラにエキストラとして参加。
その他レコーディング、ライブサポートやイベント演奏等の活動も行う。
サントリー室内楽アカデミー第4期フェロー。
第12回日本演奏家コンクール特別賞、第24回日本クラシックコンクール大学の部第2位(最高位)。
ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2014第1位。
オーケストラ・ジャパン団員として2015年よりディズニーオンクラシック全国ツアーに参加。

覚本あかり

7歳よりチェロをはじめる。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。
平成28.29.30年度いしかわミュージックアカデミーにて毛利伯郎氏のマスタークラスを修了。
チェリストのフレデリック・オディべェール氏の室内楽マスタークラスを受講。
第12回セシリア国際音楽コンクール室内楽部門第3位。
第2回ベストオブアンサンブル in KANAZAWA コンサートオーディションにて総合第1位、グランプリを受賞。
第40回霧島国際音楽祭にて堤剛氏、イ・カンホ氏のマスタークラスを修了。
2019年に初リサイタルを開催。
チェロをこれまでに細川文、音川健二の各氏に師事。現在、菊地知也氏に師事。
室内楽を音川健二、菊地知也、山崎伸子、鈴木康浩、漆原啓子、藤原浜雄、木野雅之、磯村和英、小森谷泉、竹内啓子、鶴園紫磯子、高田匡隆の各氏に師事。
現在はフリーランスのチェロ奏者として、様々な分野での演奏活動を行っている。
また、後進の指導にもあたっている。

上法閑

桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学卒業。同研究科修了。
ハンガリー国立リスト音楽院修了。
東京文化会館新進音楽家デビューオーディション合格。
荻窪の音楽祭最優秀賞。JILA音楽コンクール弦楽器部門第三位。
1996年~2001年まで洗足学園室内楽演奏員、1999~2004年桐朋オーケストラアカデミー演奏員、
2002~2003年フェリス女子大学非常勤副手を務める。
2005年ロイヤルチェンバーオーケストラのメンバーとしてヨーロッパ各地で演奏。
2009年~2016年にかけてバルカン室内管弦楽団及びコソボフィルハーモニーオーケストラの日本ツアー公演に日本人メンバーとして参加。
2009年より自由空間しおん、スペースKクラシックコンサートなどで企画や編曲も行っている。
現在ソロ、室内楽、オーケストラで活動。

相田しずか

3歳よりスズキ・メソードにてチェロを始める。明治学院大学心理学部卒業。第32回栃木県学生音楽コンクール弦楽器部門第1位。第21回日本クラシック音楽コンクールチェロ部門高校の部第3位、第25回同コンクール大学の部最高位。第15回セシリア国際音楽コンクール弦楽器部門第1位および蓼科音楽祭賞受賞。霧島国際音楽祭にて堤剛氏のマスタークラスを受講。これまでにチェロを宮田豊、林峰男、三森未來子、長谷川陽子各氏に、室内楽を木野雅之、藤原浜雄、練木繁夫、山崎伸子、佐藤勝重各氏に師事。現在、桐朋学園大学カレッジディプロマコース在籍。

土田寿彦

バンクーバー・EXPO(エキスポ)'86においてソロデビュー。

'90日本・韓国両国においてハイドンの協奏曲第二番を演奏。

東京芸術大学附属音楽高等学校、東京芸術大学音楽学部を経て、同大学大学院を修了。

その間、フランス音楽コンクール入賞。

ドラマやアニメ・映画の録音他、多数のスタジオ録音などに携わるMPN会員。

ライオンキングをはじめ数多くのミュージカル・芝居などに参加。

矢沢永吉、ドリカムなど多くのツアー・ライブのサポートメンバーとして参加。

大阪シンフォニカー交響楽団、山形交響楽団などプロオーケストラのゲスト首席奏者を務めるなど、

多方面にわたり音楽活動を行っている。

学習院女子高等科芸術器学講師。